Welcome to my blog

沙羅双樹の花のブログ

Article page

次回で結審?TPP違憲訴訟第5回口頭弁論(動画報告)

TPP違憲訴訟第5回口頭弁論門前集会 


平成28年7月20日に東京地裁(松本利幸裁判長)で開かれたTPP違憲訴訟第5回口頭弁論を傍聴してきました。私自身は門前集会のみの参加で、報告集会には参加しませんでしたが、門前集会の様子はYouTubeにアップさせて頂きましたので、是非、ご覧下さいませ。今回から、憲法学者の
小林節先生が弁護団に加わりました。
 
第5回公判は、東京地裁で一番大きい103号法廷で開かれましたが、今回は抽選にならず、傍聴を希望する方全てに傍聴券が配布されました。法廷では西尾正道先生の意見陳述や代理人弁護士による陳述もありましたが、肝心の次回公判期日を決めるにあたり、原告側代理人と裁判長の間で一悶着ありました。裁判長は、原告が提出する追加の準備書面を見た後で、更なる立証を原告に求めるのか否かを判断したいそうで、裁判所としてはそろそろ結審したいのではないかとの印象を受けました。
 
辻恵代理人弁護士が補充準備書面の期限を10月27日と求めたのに対し、裁判所はもっと早くと10月17日を指定、結局10月18日になりましたが、どうやら、裁判所は次回で結審する腹積もりのようです。
 
報告集会には参加しませんでしたので、原告団の作戦や今後の展開が分かりませんが、ジャーナリストの高橋清隆さんがこのTPP違憲訴訟の記事を毎回HPに書いておられますので、是非、ご覧下さい。(高橋さんとは亀井静香さんの講演以来、時々お見掛けしています。)

 
次回の期日は、11月14日14:30から(同じく103号法廷)に指定されました。
 
関連記事

Category - TPP交渉差止・違憲確認訴訟

0 Comments

Post a comment