Welcome to my blog

沙羅双樹の花のブログ

Article page

カジノ反対を掲げて堀潤さんが横浜市長選に出馬も?(江田けんじ衆議の新春の集い2017)

Category - 政治
20170122江田憲司鏡開き600px 




2017年1月22日に新横浜プリンスホテルで開かれた、江田憲司衆議院議員の新春の集いに参加してきました。前回は、一旦は江田事務所で許可して頂いた当方の動画撮影でしたが、個人にネットで公開されては困ると秘書さんから言われましたので、今回は、ただただお話を聴いて豪華料理を食べることに徹しました(笑)。

 
目玉は堀潤さんの講演でした。因みに、堀さんは私の立教の後輩です。ジャーナリスト(独立系)と言うことで、それなりに、古巣のNHKの体質など批判すると思いきや、既存メディアへの批判は封印されたようです。“安定したNHK”とは、堀さんの言葉でしたが、その安定したNHKを飛び出した経緯をもう少し掘り下げてお話して下されば、かなり面白くなったのではないかと思っています。

 
全体の雰囲気は、想像していた通りで、売れっ子イケメンキャスターのようでもあり、爽やかな若い政治家のようでもあり、お話の内容も、「この社会を変えていく!」「多様性を認める社会の実現を!」など、政治家としての資質を大いに感じました。今後が楽しみと言ったところでしょうか?

 
江田憲司さんのお話、これスクープ???
共産党とは手を組まない!江田憲司民進党代表代行は、個人の考えではないと強調しつつ、民進党執行部の方針をこの様に明言。

 
Facebookでも友達限定で投稿したのですが、結構反応が良かったですよ。民進党の正に執行部の江田さんが、江田さんの個人の考えではないけど、「民進党は共産党とは手を組まない」と明言されたのですから、これはもう政界再編まっしぐらかも知れません。
 
そう言えば、江田さんは、去年の参院選前には、「共産党が基本政策を変えてうちの基本政策でいいと言ってくれるなら(連立を)組む 2016.4」」と仰っており、又、衆院選を睨んでは、「共産党とわれわれは政治理念も基本政策も違う。共通政策はないので、政策協定には反対 2016.10」との見解を表明していらっしゃいます。上記は、代表代行としてのご発言でしょうが、江田さんとしては、政治理念も基本政策も違う党と手を組むことは端から考えていらっしゃらない訳で、今回のこの「個人の考えではない」が少し引っかかったのです。

野田さんも考え方の違う共産党とは組まないと明言されていますから、「手を組む」とは、共産党との連立政権を意味するのでしょうが、ここら辺は、有権者や党員の考えに影響されながら風見鶏的に共産党を含む野党共闘(選挙協力)を進めることが「手を組む」ことなのだと感じました。ちょっと分かり難かったです。これからの展開にも注視したいと思っています。

 
それから、ちょっと面白いご発言がありました。8月に行なわれる横浜市長選挙に関して、江田さんはカジノ反対の立場から、カジノ誘致に前のめりの林文子現横浜市長に対抗馬を送るそうですよ。市長選には、元逗子市長で元衆議院議員の長島一由さんが既にカジノ反対を御旗に出馬宣言をしていらっしゃいます。当然、選挙の争点は「IR誘致賛成か反対か」になる訳で、江田さんの対抗馬の件は、民進党としては長島さんを支持しないとイコールですので、これもかなり生臭い話になってきそうです。

 
 
堀潤さんが横浜市長選に立候補?

 
江田さんの口から「堀潤さんも」と出た話ですので、期待感に信憑性が加わって現実のものとなったらそれはもう・・・。因みに、私もカジノ誘致は大反対です!

 
大トリは、真山勇一参議院議員。謙虚さがあって誠実でお人柄は最高!政策面でも文句なし!この日も共謀罪法案は一度上程されたら、それこそ数で押し切られるので成立してしまうと仰っていた真山さんですが、壇上では、共謀罪法案やカジノ法案への持論を展開し、客席から大きな拍手が!これからも真山さんを応援していきたいと思います。


 
お食事は、こんな感じでした。最後の仕上げのコーヒーも、美味しかったです♪

前菜
 
スープ

中華海鮮

ローストビーフ

ちまき

FullSizeRender.jpg

益々、江田さんから目が離せなくなってきました。何事も諦めたらお終いですから、壇上の議員さんたちのお話を、今度は友人知人との井戸端会議で広めたいと私は思っています。安倍政治にストップを掛けるためにも。


20170122真山勇一600px
 

(2015年の新春の集い同様、お写真だけの投稿になります。)
 
江田憲司と石原慎太郎の合流は、端から無理スジ(新春の集い 2015 
関連記事

Category - 政治

0 Comments

Post a comment