FC2ブログ

Welcome to my blog

沙羅双樹の花のブログ

Article page

警察を異常なまでにかばう裁判所の異常!~原田宏二氏傘寿記念講演と近江直人弁護士講演

Category - 冤罪・警察改革
 
原田宏二1 
~原田宏二さん~

近江弁護士1 
~近江直人弁護士~




 2017
年12月16日にスクワール麹町(東京四ツ谷)で開かれた、明るい警察を実現する全国ネットワーク主催のシンポジウム「警察を異常なまでにかばう裁判所の異常!」に参加してきました。原田宏二元北海道警察釧路方面本部長の傘寿記念講演、堀敏明弁護士の事件紹介(万世橋警察署のマルチツール押収事件立川署の盗撮事件のでっち上げ捜査長崎県警大浦警察署の無令状捜査)に続いて、秋田県警弁護士刺殺事件(津谷裕貴弁護士殺害事件)に関する、国賠訴訟の原告側代理人・近江直人弁護士の詳細解説がありました。
 
原田宏二さんのお話を伺うのは久しぶりで、今回の東京講演を以前からとても楽しみにしていました。38年間の警察官人生を振り返り、その中で原田さんは裏金告発をなさったのですが、変だとは思っていたけれど警察に文句はなかったと仰る原田さんは、奉行・与力・同心の時代から近代警察へ変貌するにあたって、現在の都道府県警察は、「まやまかし」だと訴えていらっしゃいました。人・物・金の3つを国がおさえている訳ですから、当然と言えば当然なのも知れません。
 
『警察の隠蔽体質は何十年も前から指摘されてきたが、現状何も変わらない。』確かに、直近の警察官の不祥事を見ても、氏名も名前も公表されませんし、裁判でも偽証ありで、裁判官もそれで納得するのですから、裁判所は、組織防衛に長けた警察の味方!と言う事でしょう。『組織防衛の為にはなんでも隠す・・・秘密保護法も着々と進んでいる。最終的には、警察をチェックする機関が必要!』と仰る原田さんですが、『取り調べの可視化で冤罪はなくならない』のご発言には、暗澹たる思いになりました。
 
確かに、原田さんが仰るように、マスコミと裁判所が警察を支えている訳ですから、その一角の記者クラブ制度を潰さない限り、警察のやりたい放題になってしまいます。いつもの原田節が炸裂しましたが、『GPS捜査が違法なのは当たり前』、『グレーゾーン捜査が増えて、冤罪を生んいる。』など、捜査の基本が無視されている現状こそ警察が信頼を失っている最大の原因ではないかと原田さんは分析していらっしゃいました。
 
次に、堀敏明弁護士の事件解説が続きました。万世橋警察署のマルチツール押収事件における事件の概要を知る事は、原告が一審で一部勝訴判決を得た要因を考える上でとても大切だと思いました。私も原告の意見陳述を傍聴しましたし、この国賠には関心がありました。控訴審での逆転全部敗訴判決には、正直、裁判所に公正な判断を期待してはいけないと強く感じました。清水勉弁護士を交えたパネルディスカッションで、代理人の清水弁護士が、『万世橋事件以来、秋葉原界隈は男性にも安全な場所になった。』と裁判の効果を報告され、会場は大受けでした。職質がノルマだと言う事が世間に浸透してきたようで、何よりです!!!
 
休憩を挟んで次に、秋田県で起きた、津谷弁護士殺害事件について、国賠訴訟の原告代理人の近江直人弁護士から報告がありました。実は、私は、この事件について、報道で知る程度でよく分かりませんでした。原田信助さんの国賠訴訟(新宿署違法捜査憤死事件で110番情報メモとの関連で清水弁護士が解説なさっていましたが、裁判での当事者の主張も調べていませんでした。
 
そして、原告一審敗訴判決。それが、何と!秋田地裁は、判決の中で、「秋田県では凶悪事件が少ないから、津谷弁護士殺害事件のような突発的な事案に対応する訓練が十分でないから、警察の対応に違法性は無い・・・。」と認定したそうです。
 
何それ!?じゃぁ、東京のような凶悪事件が多ければ訓練は十分なはずだから、警察はちゃんと対応できるって事???
 
 
シンポジウムが終わり、場所を移して原田さんの傘寿をお祝いする懇親会がありました。初めてお会いする方とも色々なお話が出来て、とても楽しい一時を過ごしました。原田さん、傘寿おめでとうございます!いつまでもお元気で、沢山お話を聴かせて下さいね。津谷夫人からのお祝いを頂く原田さん。さて、プレゼントは何だったのでしょうか?


 
 原田懇親会


 原田堀清水

 清水弁護士

堀敏明 

~参考資料~
 
※再生リスト「原田宏二」
※立川署事件概要(別の日のシンポジウムより)
※<秋田弁護士殺害>秋田地裁、県警の責任認めず「警察官の対応に過失ない」
 
~おまけ~
お祝い御膳

 料理1 料理2

料理3  料理4

料理5


常岡浩介さんと久しぶりにお会いしました。
常岡浩介
関連記事

Category - 冤罪・警察改革

1 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/01/03 (Wed) 18:25 | REPLY |   

Post a comment