FC2ブログ

Welcome to my blog

沙羅双樹の花のブログ

Article page

本間 龍氏ご講演~国民投票を知ろう!(真山勇一参議・第2回おもいツきり勉強会)2018.6.23

 (動画報告)

 
20180623第2回ブルーオーシャン本間龍さんの講演




 2018
623日に、桜木町ぴおシティー(横浜)で開かれた、真山勇一参議院議員の「第2回ブルーオーシャン おもいツきり勉強会」に参加してきました。講師は、本間龍さんでした。本間さんの講演は4回目でしたが、東京五輪におけるブラックボランティアのお話は次回のお楽しみと言うことで、国民投票に関する重要なお話を伺うことができました。本間さんのご講演はYouTubeにアップさせて頂きましたので、関心のある方は、是非、ご覧下さいませ!

 

『国会が憲法改正案の発議を行ったら、お金を持つ改憲派(自民党)が圧倒的に有利になる』。「意見表明CM」などテレビや新聞での広告の露出に関して、その公平性を担保するための国民投票法改正の取り組み・超党派議連の動きなどを本間さんが説明して下さいました。本間さんの講演のご主張の一部「公平性を担保するための国民投票改正案への野党の取り組み」、ここを改正案に盛り込まなければ、到底、公平性など担保できないと思いました。改憲派が圧倒的に有利な現状では、テレビCMなどの広告規制は強化すべきであると思う。最低投票率の規定も必要でだと思いました。  

立憲民主党からは、杉尾ひでや参議院議員と山尾しおり衆議院議員が超党派議連に参加なさるそうですよ!?

 

 

※本間 龍氏ご講演~国民投票を知ろう!(真山勇一参議・おもいツきり勉強会)

https://www.youtube.com/watch?v=qJVk6kLWWtk

 


※真山勇一参議のおもいツきり勉強会~国政報告と”ためや義隆”立憲民主党公認候補予定者(神奈川県議会)の紹介

https://www.youtube.com/watch?v=BzTyr-VAo8U

 

 

FB動画

 

  憲法改正国民投票とは!?上限なしで使いたい放題の広告費、おまけに戸別訪問もOKみたい。広告規制がほぼ無い国民投票運動のここが問題!

 

  巨額の広告費はメディアの公平性を損なう危険性がある!「電通」って、司法・立法・行政・メディアに続く第5の権力なんだって!改憲派(自民党)のメディア戦略担当は、「電通」で決定!護憲派は・・・?

 

  改憲派(自民党)がメディア戦略で護憲派を凌駕する理由~護憲派は発議前から広告を貼れない(本間 龍氏が指南

 

  国民投票法改正への取り組み(本間 龍氏)

  

※参考資料

 

自民、公明、日本維新の会、希望の党の4党は27日、憲法改正を問う国民投票の投票環境を改善するための国民投票法改正案を衆院に提出した。

 

 国民投票法改正案は、2007年の国民投票法成立後の改正公職選挙法の内容を反映するもので、大型商業施設などに共通投票所を設置できるようにすることなどを盛り込んだ。改憲そのものに反対する共産、社民両党を除く与野党は5月末、テレビCM規制などを検討することを前提に、大筋で合意していた。

https://www.asahi.com/articles/ASL6W44W0L6WUTFK00L.html

 

28日にも審議入りの予定だった与党の「国民投票法改正案」が、やはり「衆院全体が不正常な状態なのに憲法審査会だけ正常に動くということはあり得ない」との立憲民主党・枝野代表のご指摘通の後、今日の審議入りは見送られたようだ。

安倍内閣による強引さだけが目立つ昨今の国会運営だが、野党第2党の国民民党の立ち位置はどうであろうか?秋の臨時国会で改正案をまとめ、与野党で合意して国会で成立させたいとの思惑があるようだが、第二自民党化してはいないか?

https://digital.asahi.com/articles/DA3S13559993.html?rm=150

 

 

 ■立憲と国民、温度差■

 

 野党第1党の立憲民主党と第2党の国民民主党の間には温度差がある。

 

 国民投票法改正案が衆院に提出されたことを受け、立憲民主党の枝野幸男代表は「衆院全体が不正常な状態なのに憲法審査会だけ正常に動くということはあり得ない」と指摘。「強引に審議を進めるなら、憲法審査会長の責任を問わざるを得ない」と述べ、対決路線を強調した。

 

 一方、国民民主党は27日の党憲法調査会で国民投票に向けたCM規制に加え、国民投票運動をする団体の支出額に上限を設けるなど独自の改正案骨子をまとめた。階猛・憲法調査会長は「秋の臨時国会で改正案をまとめ、与野党で合意して国会で成立させたい」と語り、与党側との協議に余地を残した。自民党からは「国民民主党が乗ってくれば進む」と期待する声が上がっている。

引用ここまで。


20180623第2回ブルーオーシャン真山勇一 

20180623第2回ブルーオーシャン本間真山 

関連記事

Category - 政治活動・国会報告

0 Comments

Post a comment