Welcome to my blog

沙羅双樹の花のブログ

Article page

【腐りきった警察の体質を白日の下に!】原田信助さんの国賠第2回口頭弁論傍聴記

8月30日に原田信助さんの国賠訴訟第2回口頭弁論を傍聴するために
東京地裁へ行ってきた。霞が関駅を降り、午後2時開廷だが少し早目に第611号法廷に向かった。

2時の開廷前にはすでに傍聴人が25名入廷していたが、最終的には29名の傍聴人と原告側5名、
被告側5名(うち女性2名)で裁判が始まった。

前回の第1回口頭弁論では、裁判所は被告の東京都に対し準備書面を期日6月30日までに
提出する様に求めていた。私は、その準備書面を元に原告の原田尚美さん側が更に反論をする
と言った流れを想定していたが、今回の第2回口頭弁論では、裁判所が訴状に対して不明瞭な
箇所があるとかで、補充の主張を9月13日までに提出するように原告側に要請し、又
被告に対しては10月14日までに反論するように求めた。







閉廷後、場所を弁護士会館に移して、清水勉弁護士の報告会が開かれた。
も参加され、この新宿署違法捜査事件の関心の深さを感じた。

さて、今回明らかなった被告側の主張は以下の通りである。

*信助さんの痴漢容疑を認定するため3台の防犯カメラで撮影された映像を分析した事。
*原田信助さんが主に暴力を振るった事。
*痴漢での取り調べは行っていなかった事。
*信助さんは怪我をしていなかった事


原告側は、被告にそれぞれを裏づける証拠を裁判所へ提出するよう求めた。
当然次回の裁判までにそのビデオカメラの映像が乙号証として出てくる訳だが
原告側担当弁護士・清水勉先生の懸念は・・・警察が事件の発生を11時30分過ぎであると
しているため違った映像が出てくる可能性があると言うものだ。
警察の主張はJRを巻き込まないように書かれてるとも清水先生は仰っていらした。






清水弁護士曰く、沢山の証拠を被告に出して貰いたい。そこから警察の主張の嘘や矛盾を
突いていこうと言うものらしい。更には信助さんが残した携帯からも真実が炙り出されようとしている。
次回の公判は、11月8日(火)11:30より 東京地裁709号法廷で開かれます。


*23時05分?最初の発信?
*23時20分
原田さんの携帯より110番通報、無言で切れる。(※警察発表)
*23時27分
原田さん自ら「暴行加害者と駅員に取り囲まれている」と110番通報。(※警察発表&最後の発信履歴)



「原田信助さんの国賠を支援する会」
http://haradakokubai.jimdo.com/
新宿署違法捜査憤死事件
http://harada1210.blogspot.com/
信助さんのお母さん、原田尚美さんのブログ
目撃者を探しています!
http://harada1210.exblog.jp/
原田尚美さんのTwitterアカウント
http://twitter.com/harada1210

こんな条例だそうです。↓
公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/seian/gujourei/image/meiwaku_jorei.pdf#search='東京都迷惑防止条例'







国賠訴訟傍聴記【原田信助さんの名誉回復の道のり】2011年6月14日
http://blogs.yahoo.co.jp/sarasoujuno_hana/28863319.html

■【原田信助氏の新宿違法捜査事件】第2回口頭弁論報告会・清水勉弁護士
http://www.youtube.com/watch?v=QG9flMEMkpE
■国賠訴訟を通して腐りきった警察の在り方を問題提起する!清水勉弁護士
http://www.youtube.com/watch?v=Ojy4zX8GaRU
関連記事

Category - 新宿署違法捜査憤死事件

0 Comments

Post a comment