Welcome to my blog

沙羅双樹の花のブログ

Article page

【山口幸夫氏の動画とレジュメ】シンポジウム・原発事故と原子力空母

平成24年5月13日にヴェルクよこすかで開かれたシンポジウム「原発事故と原子力空母」の続き
 
前回の記事では、原子力ドン・キホーテと呼ばれている元日本原子力安全基盤機構・原発検査員
藤原節男さんの講演様子をお伝えしましたが、シンポでは一般参加者との質疑応答も活発に
行われました。その様子をご紹介させて頂くとともに、山口幸夫・原子力資料情報室共同代表の
お話もYouTubeにアップしましたので、興味のある方は是非ご覧下さいね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
原さんは、原発は廃止すべきか?との質問にも感情論ではなく、技術者として明確に答えて
いらっしゃいました。藤原さんは、原子力事故が起きるのは原子力の技術が悪いのではなく、
人間の社会が悪いのだとも仰っていました。続けて専門的なお話をパネルを指しながら説明し、
PWR(加圧式型原子炉)とBWR(沸騰水型原子炉)の違いについて丁寧に説明して下さいました。
PだBだとの説明も、初めてお話を伺う私の様な素人にも分り易く(やっぱり難しかったかな?)
お話下さいましたよ。

山口幸夫原子力資料情報室共同代表のお話は、前半は被爆者の労災認定について、
後半は横須賀を母港としているジョージ・ワシントンの原子炉についてのお話でした。
空母に搭載されている原子炉が何故PWR(加圧式型原子炉)なのか?
メルトスルーに関しては、福島原発のBWR(沸騰水型原子炉)の方がより深刻ではないか?
との質問に対しては藤原さんが「仰る通り!」と福島原発の原子炉の危険性に言及しました。
藤原さんと山口さんの講演の様子は、デジカメで撮影しましたので、観難いですが、
音声は綺麗に入っていますので、原子炉について知りたい方にはオススメです。
 
日本中で原発が稼働していない状態と言っても、横須賀では原子力空母に搭載されている
原子炉2基が稼働しています。原子力空母の危険性について専門家からのお話を伺い
再認識した次第です。藤原さん、山口さん、ご講演ありがとうございました!
 
 
 

 
 
 
核燃料会社が今月から生産休止、原発再稼働不透明で/横須賀
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120518-00000013-kana-l14
国内の原発に燃料を供給している核燃料メーカー、グローバル・ニュークリア・フュエル・ジャパン
(横須賀市)が、5月から生産休止に入ったことが17日、分かった。
濃縮度5%以下のウランから、沸騰水型軽水炉(BWR)向けの燃料を製造している。

 
 
 
■関連動画は・・・
山口幸夫・原子力資料情報室共同代表の横須賀講演【被爆者の労災認定】
http://www.youtube.com/watch?v=fz0tTBYdM6s
原子力ドン・キホーテ藤原節男氏【原発は廃止すべきか?】横須賀講演
http://www.youtube.com/watch?v=r1YXA-7fd5s
藤原節男氏横須賀講演(元日本原子力安全基盤機構・原発検査員)
http://www.youtube.com/watch?v=kM1YGk6T36s
■関連記事は・・・
元原発検査員・藤原節男氏が語る原子力空母の危険性(横須賀講演)
http://blogs.yahoo.co.jp/sarasoujuno_hana/30746220.html
関連記事

Category - 政治活動・国会報告

0 Comments

Post a comment