Welcome to my blog

沙羅双樹の花のブログ

Article page

秋の夜長に読書三昧♪

Category - 読書タイム
オススメ本の紹介です♪
一冊目は郷原信郎先生の「検察崩壊 失われた正義」

この一冊で今検察内部で何が起こっているか分かります。
初っ端から小川敏夫前法務大臣との対談です。野田民主党政権が、検事総長への指揮権発動を認めず
小川さんを切り捨てたあの陸山会事件をめぐる虚偽報告書作成での指揮権発動ですが、
その時の心境やら事情が対談から読めてきました。政治の怖さも実感できますよ。

第1章では、小沢一郎元民主党代表の秘書をしていらした石川知裕議員との対談です。
有名になった田代元検事の「記憶の混同」ですが、この章でも詳しく書かれています。
私が詳しく説明するまでもなく、ICレコーダーで取調べの様子を録音した状況や心境なども
話しています。臨場感があってまさに検察の怖さがヒシヒシと感じられました。

第2章ではフロッピーを細工した前田元検事に対して本来なら監督責任を問われるだけなのに、
犯人を隠したとかの罪で一審で有罪判決を受け控訴審では郷原先生が弁護人になられた大坪弘道さん
との対談が収録されていて、これも必読ものです。
法律に詳しくない人でも割りと理解できる内容になっています。私なんか初めて郷原先生が弁護人を
引き受けられた話を聞いた時は正直驚きましたが、(実際先生もその理由を詳しく述べておられた。)
この本を読めばどれだけ我々一般素人がマスコミや検察から洗脳されていたのかよく分かります。
メディアも共犯!

第3章ではネット時代の市民が検察に挑む!ご存知、八木啓代さんとの対談。
八木さんとは何回かチラッとお目に掛りましたが、法律の専門家でもない言わば素人の女性が検察組織に
果敢に挑む姿は同性としても実に頼もしいですね。告発状提出の経緯なども分かりますので
ご一読の価値あり!


検察崩壊 失われた正義 (郷原信郎著)
http://www.amazon.co.jp/%E6%A4%9C%E5%AF%9F%E5%B4%A9%E5%A3%8A-%E5%A4%B1%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%81%9F%E6%AD%A3%E7%BE%A9-%E9%83%B7%E5%8E%9F-%E4%BF%A1%E9%83%8E/dp/4620321478#_


検察崩壊



次に読ませて頂いた鈴木宗男さんのご本の紹介です。
政治の修羅場 (鈴木宗男著 文春新書)
これはもうズバリ!宗男さんから見たすご~い政治家さんの表話と裏話。
時代からして私にはよく理解できましたが、若い人に是非読んで頂きたいですね。
鈴木宗男さんとは2回お目に掛ってご講演の動画も撮らせて頂きました。取り調べの可視化・・・
は急務です!その意味でも宗男さんの本には説得力がありました。



政治の修羅場 (鈴木宗男著 文春新書)
http://www.amazon.co.jp/%E6%94%BF%E6%B2%BB%E3%81%AE%E4%BF%AE%E7%BE%85%E5%A0%B4-%E6%96%87%E6%98%A5%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E9%88%B4%E6%9C%A8-%E5%AE%97%E7%94%B7/dp/4166608649


政治の修羅場



秋の夜長に読書のススメでした♪
関連記事

Category - 読書タイム

0 Comments

Post a comment