Welcome to my blog

沙羅双樹の花のブログ

Article page

日本政策学校主催のシンポジウム「三バンのない選挙の戦い方」

Category - 沙羅のTOP PAGE
平成24年11月6日に東京南青山で開かれた日本政策学校主催の
「政治を可視化・双方向化するシンポジウム」第3回目に参加してきました。
テーマは「三バンのない選挙の戦い方」
パネリストとして登壇したのは、武雄市長、横須賀市長、そして7月の山口県知事選で
惜しくも敗れた飯田哲也さんのお三方でした。それぞれが戦い抜いた選挙戦を振り返りながら
地盤・看板・カバンのない選挙活動を分析していらっしゃいました。
(以下のプロフィールは、日本政策学校のFacebookイベントより転載)

日本政策学校チャンネル
日本政策学校HP



樋渡啓祐(武雄市長) … オンライン参加
日本で初めて市役所の公式ホームページのフェイスブック化を実現、
月間5万件程度のアクセスが300万件に達したことなどが話題となる。

吉田雄人(横須賀市長)
2009年の横須賀市長選挙において、政党からの支援を受けない無所属候補として立候補、
小泉純一郎元首相の支援を受けた現職の市長(自民・公明・民主3党推薦)を破り、初当選を果たす。

飯田哲也(環境エネルギー政策研究所所長)
自然エネルギーの日本の第一人者、環境エネルギー政策研究所長。
大阪府市の特別顧問として、大阪市の橋下徹市長のブレーンも務めていた。
地方自治から政治変革を目指し、2012年7月の山口県知事選に出馬するも惜敗。


飯田哲也氏山口県知事選を分析【日本政策学校主催のシンポジウム】





以前から日本政策学校のシンポジウムには参加したいと思っていたのですが、
中々時間が取れず、今回のイベントへは急遽参加させて頂くことになりました。
日本政策学校の皆様には、開催当日のお忙しい折の参加申し込みで大変申し訳
ございませんでした。又、動画撮影でもご配慮頂いて有難うございました。



三人DSC01903



当日のシンポジウムは、ニコ生で生中継されましたので、ご覧になった方も多かったと思いますが、
樋渡啓祐(武雄市長)のお話はユーモアも交えてとても興味深く聞いていました。
公務員や会社員の身分のまま立候補できる仕組みはとても共感出来ました。
三バンのない政治家志望の人にとって、落選した時の生活全般を考えれば立候補したくても
やはり躊躇してしまいます。武雄市長のこの提案はこの国の政治を変える一つのキッカケに
なるのではないかと思いました。

さて、オンラインでもパワー全開の武雄市長でしたが、パネリストとして参加された
飯田哲也さんと吉田市長のお話もとても参考になりました。飯田さんの山口県知事選では
ネット応援も盛んで、実際私もFacebookを通して飯田さんを支援するプロジェクトに入って
いました。現地の情報は逐一入ってきましたし、敵陣の動きも横須賀にいながらつぶさに
把握出来たものです。ネットならではですね。一喜一憂あるも、飯田さんの分析通り、
ネットの支持とリアルでの支持の違いは歴然でした。又、ネットに親しんでいる若い世代は
リアルな選挙とは無縁の方も多く、飯田さんがこのシンポジウムで仰った「公職選挙法問題」
も確かに懸念されてはしていました。ネット選挙解禁が待たれます。

飯田・現山本知事逆転の可能性もあるとメディアでは大騒ぎでしたが、
(飯田陣営の楽勝ムードを誘う為?)結果は早々に山本さんの当確が出ましたね。
木下黄太さんが飯田さんの当選はおぼつかない・・・と発言なさっていらっしゃいましたが、
飯田陣営の楽勝ムードに一石を投じる事が出来たのか出来なかったのか!?
それより、テレビで当確を打つ前に安倍晋三さんがFacebookで万歳三唱場面を写真投稿
していたのには正直腹が立つと同時に驚きました。

話が大分逸れてしまいましたが、私自身は飯田さんは本当に良く戦ったと思っています。
何せ保守王国の山口県ですから、「エネルギーシフト」の言葉も理解できる県民は
そう多くはなかったのでしょう。おまけに安倍晋三自民党総裁のお膝元とあって、
町内会の口コミュニケーションが炸裂したのも言うまでもありません。今回のシンポでも
選挙戦中の敵陣の嫌がらせには一切言及しない(あまりにも酷いネガキャンでした。)
潔い飯田さんですが、次回の山口県知事選までに地盤を固めで再立候補して頂きたい
ものですね。正直、都知事選も悪くはないけれど。。。


飯田哲也氏
飯田DSC01907



次にお話された横須賀の吉田市長ですが、日本中で一番舵取りの難しい町が
横須賀です。原子力空母あり、米軍基地あり、自衛隊もあります。
当然保守地盤強固な町ですので、地盤・看板・カバンのない吉田市長の戦いは
凄まじいものがあったと想像出来ます。この日の市長のご発言の詳細は、日本政策学校で
アップされる映像で確認して下さいね。余談ですが、「モンチッチ」の件!面白かったですね。
(私も似ていると思います♪)
ニコ生のコメントをご覧になって、笑っていらした市長ですが、お話の中身は真剣そのもの。
脱原発にも言及し、住民投票制も持論を展開。武雄市長との違いも明確に話されました。


吉田雄人横須賀市長
市長DSC01982



第二部は、政策学校では何をしているか?何をしてきたか?のお話。
冒頭の日本政策学校代表理事の金野索一さんのお話はとても勉強になりましたよ。
こちらも詳細は日本政策学校のホームページをご覧になって下さい。
吉田市長のホームページリニューアルの話や、今なさっている事、これはとても興味が
持てました。特に「政策マトリックス表」実際これが一番面白かったです。
13項目あるうち憲法九条マトリックスだけ写メしましたので、ここにアップさせて頂きますね。
日経ビジネスオンラインにも注目です。


憲法九条マトリックス
憲法九条マトリックス



以上簡単ですが、当日のシンポジウムの様子を書いてみました。
お顔見知りの方も多く、とても充実して楽しいシンポジウムでしたが、終電との絡みもあり(笑)
途中退席の失礼もここにお詫び致します!






関連記事

Category - 沙羅のTOP PAGE

0 Comments

Post a comment