Welcome to my blog

沙羅双樹の花のブログ

Article page

【久米英一郎・神奈川10区】みんなの党のブレない政策を愚直に訴えていく!

昨日の続き。
平成24年11月29日に川崎駅西口ラゾーナ前で行われた「みんなの党街頭演説会」での
神奈川第10区支部長の久米英一郎さんの演説は、党の政調副会長の中西健治参議院
議員と松田公太参議院議員がラゾーナ前に到着した12:30より前から始まっていました。
早朝駅頭もこなされてのお昼の街頭演説会だったそうですが、疲れも見せずに行き交う
人たちに話しかけていましたよ。私もとても驚いたのですが、ラゾーナ前の人通りは半端
ではない多さでした。人は流れているものの、本当に多くの方が久米さんの演説に足を
止めて聞き入っていました。



メインDSC02425




因みに中西・松田両議員の到着前の久米演説のお写真はこちらです♪

4久米2IMG_1546
久米さんの演説の様子は、
YouTubeにアップさせて頂いた動画の開始から29分頃から
再生されます。声が良く通るし、話の間合いが良いのでとても分かり易かったですよ。!


みんなの党のブレない政策、ブレない政党を愚直に訴えていこう!


これです!これ!この「愚直に」がとってもいいですね!
久米さんはFacebookでも、みんなの党と日本維新の会との合流について投稿していらっ
しゃいました。神奈川第10区は激戦区であり、財務大臣の城島(東京から国替えした方)、
自民党の比例復活した前職の何とかさんも(名前忘れた)出馬しています。組織票が望め
る両人はしがらみばっかりの政治家さんで、一体どちらを向いて政治をなさってきたのか
甚だ疑問なのです。

久米さんの事務所開きにお邪魔させて頂いた日に、城島さんは公務とかで秘書さんがチラ
シを配っていらっしゃいました。一頻り文句を言ったので恐縮していたけれど。自民党の候補
予定者はエスカレーターの降り口に陣取って、地味にチラシを配っていましたよ。国会議員の
階段を順調に登った感のある自民党の候補者ですが、印象は極めて薄かったのだけ覚えて
います。そんな「しがらみのある政治家」が出馬するここからみんなの党の久米英一郎さんが
出馬予定なのです。ここまでは民自と元祖第三極のみんなの党との戦い。

で驚いたのが、橋下率いる日本維新の会の候補予定者の出現。しかも横浜の民主党県議。
これが橋下さんのやり方なのですね。合流の打診をしながら、片方では候補者を競合させる。
しかもこれ条件闘争なのです。維新の会の候補者は選挙資金は自分で調達しなければなら
ないし、親分の橋下さんの気分次第で候補を外される。「政策はちゃんぽん、候補者はじゃん
けんぽん」なのですからね。これ今年の流行語大賞にノミネートされないかしら?!
そうそう、この神奈川第10区では共産党さんも勿論候補者を擁立してますよ。



ツーショット


中西



当日の演説では、足腰の定まらない政党について強い口調で批判していらっしゃいました。
多分あの政党の事(笑)先の話に戻すと、政策なき合流、理念なき合流は論外なのですね。
みんなの党の政策には魂が込められている!闘う改革!政治のあり方、システムを変えて
いく!それは「しがらみのない政党」にしか出来ないのですから。企業献金を受け取っていな
いみんなの党はお金のない政党ですが、確かに、しがらみが無いからこそ国民目線で政治
が出来ると言うもの。ラゾーナ前で足を止めて演説を聞いていた方々からは、大きな拍手が
湧きました。私的に興味があったのは、久米さんが教育は成長産業分野だと仰った事です。
なる程。納得。

因みに久米さんとは、中西健治議員の秘書さんをなさっていた時に知り合いました。
腰の低さもさることながら、気配りのある、しかし頑固なまでに信念を曲げずに闘う姿に
感銘を受け、事ある毎に動画を撮らせて頂いていました。こちらの動画がそうですよ。



み党神奈川第10区支部長・久米英一郎氏☆浅尾議員の「早春の集い」


みんなの党神奈川第10区支部長 久米英一郎氏の挨拶☆20120331


久米英一郎事務所開き(みんなの党 神奈川第10区支部長) 2012.11.04


みんなの党街頭演説会@川崎駅西口ラゾーナ前 2012.11.29





公示日直前の慌ただしい時に街頭演説にお邪魔させて頂きましたが、熱気と雰囲気だけでも
伝わりましたでしょうか?

関連記事はこちらです♪
みんなの党街頭演説会@川崎駅西口(応援弁士は松田公太、中西健治議員)
久米英一郎の事務所開きとみんなの党大街頭演説会@川崎駅西口 2012.11.04





illumi-2012-420.gif

ステキなクリスマスの素材やブログパーツはうしねこさんからお借りしました。
いつも有難うございます。
関連記事

Category - 政治活動・国会報告

0 Comments

Post a comment