Welcome to my blog

沙羅双樹の花のブログ

Article page

すわ!お披露目か?東京大地塾で堀江貴文さんが取調べの可視化法実現を訴える。

平成25年4月25日に衆議院第一議員会館で開かれた東京大地塾の4月例会に参加させて頂きました。ホリエモンこと堀江貴文さんを講師にお迎えして新党大地代表鈴木宗男さんとの獄中対談(浅野貴博さん曰く)でしたが、やはりホリエモン効果なのか、会場は500人以上の参加者で埋まっていました。今回初めての経験でしたが、衆議院会館を手荷物検査なしで通ることが出来ました。開始時間の30分前に会場に到着した時はすでに前列は埋まっており、ようやく空席を探して後ろの方に座ってお二人のトークを聴いていました。動画も撮らせて頂いたのですが、何せ遠いのでぼやけています(笑)音声は綺麗に入っていますので、是非ご覧下さいね。



宗男挨拶サムネイル



お二人の対談は、新党大地の所属の候補者さんの紹介に始まり、獄中秘話・取調べの可視化・参加者との質疑応答と続きました。獄中仲間と言えど、笑えない冤罪と極端な法律の運用により検察のターゲットにされたお二人なのですが、そこは転んでもただでは起きないお二人ですから、獄中生活にあっても学ぶことは多かったようです。宗男さんが開口一番「生きていれば良い事もある。逆転もある。」と不撓不屈の精神を披露され、経済事犯や冤罪で獄中生活を送っている人たちにも訴えていました。

堀江さんもそうですが、精神的に強くないとこの状況に順応できない人もいるはずで、強盗だ、殺人だ、詐欺だ、傷害だの犯罪を犯した人はともかく、刑務所生活でも諦めない強い気持ちを持つって大切な事なんですね。それが1年間の収監生活で得た宗男さんの教訓だそうです。信念を持って生きていれば必ず良い事もあると言う事なのでしょう。悟りの心境だとも仰っていました。

先の見えない状況に希望を失ったらお終い・・・そう言えば、今の政治状況だって、先の見えない状況です。参院選で自民党が圧勝し衆参のねじれ解消でアベシのやりたい放題!それを避けるためにも新党大地や生活の党など、弱者目線の政治をしてくれる政党を応援したいと言うものです。そこで宗男さんが一言!「参院選では全国区でも戦う!」いいですねぇ。「政治は弱い人のためにある!」仰る通り!!!宗男さんの戦いには私も大いに期待しています。



宗男 浅野
          鈴木宗男さん           浅野貴博さん
  


取調べの可視化サムネイル




さて、私が関心があったのはやはり取調べの可視化に関する堀江さんと宗男さんのお話でした。偽メール事件ってすでに過去の話になっていますが、堀江さんはご自身の冤罪事件として「偽メール事件」の詳細をお話下さいました。石原慎太郎前東京都知事の「お台場カジノ構想」と同じくらい●●丸出しの「沖縄でカジノ特区を設けて合法化すべき」と宣ふた 例のパチンコ議員の亀井静香さん(前振り長過ぎ)と同じ選挙区で無所属で堀江さんが戦ったその後のお話です。

その時の経験から、取調べの段階での弁護士の付き添いも絶対に必要だし、冤罪を無くす為にも取調べの可視化実現は急務だと考えられたのでしょうか。もっとも取調べの可視化が実現しても冤罪の全てが無くなる訳ではありませんが、それでも堀江さんはその取調べの可視化法実現の為にも新党大地に期待していらっしゃるそうです。自民党には期待できないし、千葉景子さんなら絶対にやってくれると期待した民主党もダメだったし、この際取調べの可視化をマニフェストに掲げた新党大地に頑張って頂いて、是非とも実現して貰いたいです。


「民主主義の危機」これ宗男さんの言葉です。
まさに検察が崩壊寸前の今、最後の頼みの司法も信じられないのが現実ですから。


東京大地塾が終わってから、FBのフレンドと初めてリアルでお話をする事が出来たのも
今回の収穫の一つでしたよ。素晴らしい出会いもあり、本当に楽しい大地塾での勉強会でした。




関連リンクはこちら↓
*偽メール事件
*新党大地マニフェスト
5.取調べの全過程可視化を法制化してえん罪をなくします。
*新党大地ホームページ



堀江貴文氏と鈴木宗男氏の獄中トーク★東京大地塾4月例会 2013.04.25


民主主義の危機(取調べの可視化・偽メール事件を語る!)鈴木宗男氏と堀江貴文氏


1年間の収監で得た教訓【信念を持って生きる!】(新党大地代表 鈴木宗男氏)







関連記事

Category - 政治活動・国会報告

0 Comments

Post a comment