Welcome to my blog

沙羅双樹の花のブログ

Article page

抱腹絶倒のち寒気★寺澤有新著「本当にワルイのは警察 」発刊記念トーク

Category - File 寺澤有
自由すぎる報道酒場 寺沢有x畠山理仁と飲んで語ろう
「本当にワルイのは警察 」発刊記念トーク
 
2月25日に渋谷「Cue702」で行われた寺澤有さんの新書「本当にワルイのは警察 」
発刊記念トークイベントに友人と参加してきました。闘うジャーナリストとして名高い寺澤さんですが、
直近の話題はやはり安田好弘弁護士ら弁護団の無能ぶりが露呈された光市母子殺人事件です。
安田好弘弁護士の襲来も心の隅で少しばかり期待しながらお話を伺ってきました。
 
 
 
 


 
 
トークイベントには主役の寺澤有さんと自由報道協会の畠山理仁さん、それから
「本当にワルイのは警察 」を発行した宝島社の富樫生さんも加わってイベントを盛り上げていました。
この時の様子は動画に収めましたが、公開不可ですのでこちらのUstreamをご覧下さいませ。
 
寺澤有で思い出すのは、武富士と自民党平沢勝栄衆議院議員の裏献金疑惑、最近では
園田康博政務次官の飲水事件です。又、寺澤さんが主催するインシデンツが発行元の
光市母子殺害事件を扱った実名本「福田君を殺して何になる」(増田美智子さん著)に絡んでは、
光市母子事件の福田孝行死刑囚が原告となり出版差し止め訴訟を起こしたのも記憶に新しい。
更には、その様な嫌がらせ訴訟は容認できないとの立場から、寺澤さんは福田死刑囚の
主任弁護人である安田好弘弁護士らに損害賠償を請求する訴訟を提起し、両訴訟は併合審理され、
寺澤さんは現在も被告であり原告でもあると言う立場に置かれています。
 
嫌がらせ訴訟(スラップ訴訟)を起こされ、広島地裁への往復も含め大切な時間と労力を使っても
真正面から受けて立つ武闘派ジャーナリストとしての寺澤氏への高評価は実に痛快、素晴らしい。
 
 
 

 
 
 
さて、今回のトークで知りたかった点として、福田死刑囚が獄中結婚による改名で福田姓から
大月姓に変わっても、その後の寺澤さんのツイートでは福田姓のままであった理由です。
特段の意図があったのかとも思っていましたが、ただ単に福田君の方が分り易かったから
と言うものでした。「死刑でなくても良かったんじゃないの・・・」との寺澤さんの言葉からは
弁護人の安田好弘弁護士の「能力の無さ」の結果としての死刑判決であったとも受け取れました。
反省の度合いが判決を左右する重要なポイントであった裁判故、安田弁護士への批判は
これから表面化するのだろうか???弁護士業界だけでなく、福田死刑囚の支援者ですら
安田弁護士を批判しづらい雰囲気にあったのには驚きました。死刑廃止論者としてのご自分の
主義主張を実際の裁判で実践した安田弁護士ですが、奪われる命は元には戻りません。

寺澤さんとはシンポジウム等で直接お話を伺う機会もありましたので、YouTubeにアップさせて
頂いた「黒木昭雄さんのお話」やご自身が職質にあった時の様子、警察権力の不正告発や
所謂「チーム霞が関含む隼町」についても是非ご覧下さいね。
一旦調書に署名したら有罪システムに乗ってしまう・・・交通違反取り締まりはに関しては
誰でも一度は起こり得る事ですので必見ですよ。
 
寺澤さんのライフワークとも言える警察腐敗、警察の不正への追求は、高校時代の経験が
ベースになっている様です。其処のお話も今回のトークイベントでは面白おかしく
お話されていらっしゃいました。最後の方では、先般話題になったオウム平田悟被疑者の
出頭劇に関するお話も出て、「逃亡していた方がいい。」とか「捕まってもらっては困る。」との
公安当局の心中代弁には参加者一同大笑いでした。これも裏ガネに直結するお話として
途中から笑えなくなってしまいました。

今回出版された『本当にワルイのは警察』では、冒頭に「警察のいうことはすべてウソである」
と書かれています。一般市民は警察が嘘を吐くはずがない、警察は正義の味方と言う先入観の元、
長い間洗脳されていたのかと思いながらトークイベントを大いに楽しんできました。

読書には途方もない時間を掛ける私(笑)ですので、実はまだこの本を読了していませんが、
次の機会には自分なりの拙い読書感想文など書いてみようと思っています。
 
 
あー、楽しかった!!!その一言に集約!
 
 
 
寺澤さんのインシデンツは・・・
http://www.incidents.jp/
裁判所は警察が改ざんした証拠で有罪にしたい!(寺澤有氏)
http://www.youtube.com/watch?v=-IeK6ln4h6U 
【元警察官・ジャーナリスト黒木昭雄の仕事】寺澤有氏の講演
http://www.youtube.com/watch?v=As1xqqpYQdY
人権派弁護士として評価の高い?光市母子殺人事件の安田好弘氏は、無能で嘘つきなのか?
【インシデンツ出版差し止め訴訟】
http://togetter.com/li/222491 
関連記事

Category - File 寺澤有

1 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/01/28 (Thu) 03:17 | REPLY |   

Post a comment