Welcome to my blog

沙羅双樹の花のブログ

Article page

安倍総理の【閣議決定で解釈改憲】発言を受けて(孫崎享氏)

平成26年2月22日に、四ツ谷にある聖イグナチオ教会で開かれた、「宗教者九条の和」主催のシンポジウム 『第6回憲法講演会』に参加してきました。Facebookのイベント情報からこの講演会を知りましたが、講師として元外交官の孫崎享さんとカトリック大阪大司教区・補佐司教の松浦悟郎さんが登壇されました。安倍政権が改憲が難しいと見るや、解釈改憲で強行突破しようと、国会での議論を経ずに政府見解を閣議決定する意思表明をした2月20日の衆院予算委員会の発言の後に開かれたこの憲法講座には、250名を超える参加者で溢れ返っていました。集団的自衛権の行使を容認するため解釈改憲・・・公明党の一部も難色を示していると聞きますが、何としても安倍政権の暴走に歯止めを掛けなければとの思いでお二人の講演を伺ってきました。




ブログ用孫崎




さて、まずはじめに松浦司教のお話がありました。 こちらもノー・カットでYouTubeにアップさせて頂きましたので、是非ご覧ください。一応、日本聖公会ですが、私もキリスト教学を学びましたので、松浦さんのお話は、懐深く沁み入る感じがしました。

次にお目当ての孫崎享さんのお話を伺いました。孫崎さんのお話は、岩上安身さんの饗宴で何回か拝聴しましたが、直近では去年の饗宴Ⅳでのお話が深く印象に残っています。今回は、安倍首相のとんでも発言直後と言う事で、参加者も真剣に耳を傾けていましたよ。難しい問題ばかりでしたが、孫崎さんは冗談も交えてお話して下さったので、レジュメを参考にしながら私も必死に学んできました。こちらもYouTubeでご覧頂けますので、関心のある方も無い方も是非ご覧くださいね。

すわ!ナベツネさんが、ど忘れか!?
読売新聞の社説ですが、日中間で「尖閣問題の棚上げの合意」があったのか、無かったのか?参加者に質問する孫崎さんは満面の笑み♪私の隣に座っていらした、主催者の事務担当のH氏は、指名されて「読売新聞」と即答!何故?と聞かれて、慌てて訂正(笑)何か、昔の大学の講義を思い出しました。孫崎さんのオハコと言うだけあって、正解はまさかの「読売新聞」ですが、今、政府も含め外務省も棚上げの合意は無かったと主張しているそうです。無いと言うなら、あの社説はどうなっちゃうのでしょうね。

鄧小平の鄧の字が、レジュメではカタカナになっていましたが、やはり、国家レベルでも、各ご家庭のレベル(笑)でも「触れないでおこう方式」が現実的なのですね。上手くいく為の現実路線が「棚上げ」なのですから。しつこいですが、この部分だけ、YouTubeにもアップしました。短いので、笑いながら、ナベツネのご尊顔を思い浮かべながらでもご覧くださいませ。

今回の憲法講座はとても重要でタイムリーな問題をテーマに、孫崎さんと松浦さんでお話して下さったのですが、その中でも強く印象に残ったのが、北朝鮮が韓国や日本と戦争をしない…理由です。こんな近いお国ですし、原発情報も特定秘密保護法で秘密にされる前の今なら、セキュリティーもかなり公。精度の低いノドンでもテポドンでも飛ばせば日本中てんやわんやになります。韓国なら尚更です。でも例の方、口先だけで実際には戦争を起こす気はサラサラ無いようです。つまり、戦争をしないことに彼らの「利益」があるからです。孫崎さんは、歌舞伎町辺りのまるぼーさんに例えていらっしゃいましたが、確かに自分一人で戦っても勝てない相手とは戦わないものです。では、日本と中国の戦争の可能性はどうでしょうか?

安倍さん、やる気満々ですね。一人で戦うつもりなのでしょうか?今にも徴兵制が・・・。雇用特区で若者の貧困層を拡大させ、行き場のなくなった若者を戦場へと導く。これ、宇都宮健児さんもアメリカを例に出して同じことを仰っていました。で、日本ではどうなんでしょう?アメリカの意向次第???

【尖閣問題で、アメリカが日本の側に立って戦争をすることはない!】孫崎さんに断言されてしまいました。梯子を外された格好の安倍さん、石破さんや麻生さんとご一緒に最前線で戦いますか?従軍慰安婦として威勢のいいあの女性議員達をお供に。と言うわけで、今回の憲法講座で孫崎さんが一番伝えたかったこと、(私が勝手に思っていることですが)それは、軍事力を高めて抑止力にするのではなく、脆弱性を示すことによって、相手が攻撃しないと言うパラドックスを安倍さんは肝に銘じるべきだと言うことでしょうか。

この部分も、しつこい様ですが、YouTubeでご覧頂けますので、是非、ご覧下さいね。
脆弱性を示す…これ凄い事なんですね。もっとも我が家ではすでに取り入れていますが(笑)
こんな感じで、初参加させて頂いた「宗教者九条の和」主催のシンポジウム、雰囲気だけでも伝わりましたでしょうか?
孫崎さんと松浦司教の対談の前に、素敵な女性のアルトサックスの演奏がありました。難いテーマでの講演が続きましたので、ピアノ演奏とともに楽しませて頂きましたよ。『Over The Rainbow』や『上を向いて歩こう』など、懐かしい歌を思わず口ずさんでしまいました。



*日中間で【尖閣問題の棚上げの合意】はあった!(孫崎享氏)


*【今後の中米関係】尖閣で日本側に立ってアメリカが戦争することはない!(孫崎享氏)








当ブログ内、関連記事はこちら↓です。
*「宗教者九条の和」主催の第6回憲法講演会(写真と動画)2014.02.22
*皆勤賞♪「饗宴Ⅳ~SYMPOSION」2013
関連記事

Category - 政治活動・国会報告

0 Comments

Post a comment