Welcome to my blog

沙羅双樹の花のブログ

Article page

【新宿署違法捜査憤死事件】第1回進行協議・110番通報記録で応酬

清水先生笑顔

【新宿署に違法捜査を指示した警視庁本部の痴漢冤罪ねつ造憤死事件】???





平成26年4月8日に、東京地裁で原田信助さんの国賠訴訟「新宿署違法捜査憤死事件」の第1回進行協議が開かれました。恒例の清水勉弁護士の報告会は、隣接する弁護士会館の503会議室で行われましたが、前回の第16回口頭弁論後の報告会では、何故、今回は通常の公判にしないで、非公開の進行協議にしたのか?私には今一つ理由が分かりませんでしたが、今回の進行協議報告会で理由が判明しました。清水先生のお話では、要はするに、公開では被告の東京都側も言い難いので、非公開でざっくばらんに話し合いましょう・・・と言う事らしいです。ちょっと拍子抜けしましたが、第1回の進行協議の内容が、報告会で分かりました。


今回は、東京地裁でいつも取材をなさっているジャーナリストさんの姿も見られず、お顔を知っているジャーナリストは1名だけでした。一般の参加者も前回より若干少ない感じもしました。さて、進行協議の中身ですが、先生のお話はいつもの様にYouTubeにアップさせて頂きましたので、関心のある方は是非ご覧くださいませ。


この日一番のニュースは、提訴以来、担当していた裁判長(清水先生曰く「優秀」らしいです。)が異動され、新しい裁判長がこの訴訟を担当することになったそうです。この複雑な事件をようやく理解し始めた裁判長でしたので、私としては、裁判の停滞が気になりました。一からやり直し???


多くの方が関心を持っている、「証人尋問」ですが、やはりもう少し先になるようです。今迄は新宿署の違法捜査を問題にしてきましたが、元々の原因である違法行為の背景も立証したいと、清水先生は仰っていました。やはり、真相を明らかにする方に重点を置いておられるのでしょう。今回の進行協議の場では、110番通報の記録が警視庁本部にはあるはずだから出せ!と原告側は要請していますが、それに対して被告がどう応えるのか?被告側は、持ち帰って検討することになったようですが、私としては、新しい裁判長の訴訟指揮も気になるところです。何せ、修羅場のある特徴的な事件で、原告の唯一の物証が、信助さんが取り調べの状況をICレコーダーに録音した音声データのみ。 しかも、先を越されて被告の東京都が出してきたのは、すでに当ブログでもお伝えした通りです。


今回の110番通報の音声データは、信助さんが事件当時110番通報した時の記録です。出すのか出さないのか。簡単に言うと、それが争点になっています。前回の第16回口頭弁論では、秋田の弁護士さん殺害事件での110番通報記録について清水先生が法廷で突っ込んでお話しされていましたが、秋田事件では証拠保全をし、甲号証として提出なさったそうです。(代理人は清水先生)秋田事件で出せて、新宿署の事件で出せない訳がない・・・。被害者が「弁護士」と「一青年」で、違いがあっていいはずがないと言うのが、清水先生の論法です。確かに、弁護士さんの事件で110番通報記録が出せて、一青年の信助さんの事件で出せないのは整合性に欠けますからね。


この110番通報記録を出させるには「文書提出命令」も出来るそうですが、やはり裁判の長期化が懸念されます。原告の疲弊も気になるところですし、出来れば被告に出して貰いたいと仰っていました。まぁ、110番通報の対応も問題ありと警察自身も認識しているのですから、出すべきものはササッと出せ!と言う事でしょうか。被告も、出さないと言っている訳ではなく、提出を検討するそうですので、時間のロスは避けるべきだと思います。何せ、証拠の殆どを警察が握っているわけで、自分の都合の悪い証拠は、東京都だって出し渋るのは目に見えています。清水先生、今回の進行協議で、110番通報記録の中身プラス即報についても、経過を明らかにするよう、追加で注文したそうです。言い出し易い雰囲気だったのでしょう。



汚れ役だけ現場の警察官に押し付け、「本当にワルイやつ」は責任回避?
寺澤さんのご本のタイトルではありませんよ。



第2回の進行協議は、5月26日(月曜日)午後1:30より行われ、清水弁護士の報告会は午後2:00目途に開かれるそうです。新しい裁判長と「110番通報の音声データと反訳」の取り扱いが協議されるのでしょうか?証人尋問はもう少し時間が掛かると清水先生は仰っていましたので、年内に結審するか?微妙な情勢になってきました。足踏み感あれど、真相究明では新たなステージへ!


裁判の長期化も懸念される少し嫌な展開になってきましたが、「自称被害女性が法廷で証言すれば、木端微塵!」(by清水先生)今後の展開にも、大いに期待したいものですね。もっとも先生からは、新宿署で完結させたくない強い意志も読み取れました。



*第1回進行協議報告会【新宿署違法捜査事件】証人尋問はもう少し先



関連記事

Category - 新宿署違法捜査憤死事件

0 Comments

Post a comment