Welcome to my blog

沙羅双樹の花のブログ

Article page

【鈴木宗男さんを叱咤・叱咤激励する会】早くも「総理に」の呼び声が!

鈴木貴子400




平成26年9月18日に、ホテルニューオータニで開かれた、新党大地代表の「鈴木宗男を叱咤激励する会」にお邪魔してきました。持参した機械が故障して、写真や動画は撮影出来ませんでしたが、音声だけは残せましたので、ジャーナリストの田原総一郎さんと元外務省主任分析官の佐藤優さんのお話をYouTubeにアップさせて頂きました。是非、お聴き下さいませ。尚、当ブログにアップさせて頂いたお写真ですが、お嬢様の鈴木貴子代議士です。会が始まる少し前に、受付で撮らせて頂いたたった1枚の貴重なお写真です。


叱咤激励した方々ですが、伊吹文明さん、森喜朗さん、田原総一郎さん、佐藤優さん、冤罪請負人の弘中惇一郎弁護士、歌手の松山千春さんなど、多方面で活躍されている方々ばかりでした。面白いお話や、政治の裏側なども聞けて2時間があっという間に終わってしまいました。


その中でも、田原さんは、鈴木宗男事件は冤罪だ!とハッキリと仰って、別荘(刑務所)に入った冤罪被害者では、鈴木宗男、田中角栄、堀江貴文さんが塀を出てから一層存在感を示してきたとして、この3名の名前を挙げておられました。当局の恣意的な法律の適用で、敢えて実刑でなくてもと思われる堀江さんなどは、まさしく彼を潰すためにターゲットにされた感がありますので、警察・検察被害者であることは確かかも知れません。宗男さんに関しては、無実の罪を着せられた完全な冤罪だと私は思っています。「ムネオハウス」など、真しやかに伝えられましたが、そもそもロシア人は誇りがあるので、英語など使わないそうです。特に島の人たちは英語を使うことはないのです。共産党の佐々木さんでしたっけ、彼がネーミングして、それにメディアも乗っかり、国民への「宗男悪し」の印象操作を警察・検察がしたのだと思います。


宗男さんは公民権が停止され、全く自由な政治活動も出来ない状況ですが、「叱咤激励する会」にお邪魔してよく分かったのは、支援者は宗男さんを見捨てていない、信じてると言う事です。宗男さんと支援者の連帯感、一体感も素晴らしく、宗男さんを支え続けるご家族への愛情もヒシヒシと伝わりました。長年信じてきた親しい友人知人の応援もあって、政界復帰も間近いのではないでしょうか?



私は、鈴木宗男さんに大いに期待しています。





叱咤激励会300


田原さんのお話は、こちら↓から。
*田原総一郎氏【鈴木宗男を叱咤激励する会】2014.09.18


佐藤さんのお話は、こちら↓から。
*佐藤優氏が丹波實元モスクワ大使に言及【鈴木宗男を叱咤激励する会】


横須賀講演より(ムネオハウスの真実
関連記事

Category - 政治活動・国会報告

0 Comments

Post a comment